NAGASAKA

横浜のオーダースーツ専門店 「ナガサカ」

style

メンズビジネスカジュアル-スタイル

BUSINESS CASUAL

ビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル(メンズ)とは?

「クールビズ」「ビジカジ」「ジャケパン」「ジャケスラ」「オフィスカジュアル」等、季節や職場ごとに様々な呼び方があるため混乱してしまいがちな男性の仕事着です。

 

当店なりに「ビジネスカジュアル」と言われるスタイルを提案いたします。【ビジネススタイル=スーツ】としてスーツをベースにカジュアル度をどれくらい取り入れるかが難しいところです。

 

カジュアルすぎると「ただの普段着(カジュアル)」になってしまいます。スーツを一段階カジュアルにさせるのに最適なのは上下同じ素材のスーツではなくスーツと同じデザインでビジネス感が保たれる、上下別の素材を使用したコーディネートの「ジャケット&スラックス」の組み合わせが最適と考えます。特にお勧めなのはネイビー(紺)色のジャケットにグレー(灰色)のスラックスの組み合わせです。

 


ビジネスカジュアルの時はネクタイは必要?

ジャケット&スラックスに挑戦したときに違和感を感じたとすれば「シャツ」「ネクタイ」との組み合わせだと思います。

 

基本的にカジュアルが許されている場合、ネクタイは不要だと考えていいと思います。ネクタイをしなくては浮いてしまうようなシチュエーションだった場合、スーツの方が適している場なのだと思います。

 

お洒落を楽しみたい!という意味でネクタイをしたい場合にはネクタイもカジュアルなものが良いと思います。

 

基本的にスーツに合わせるネクタイは「シルク100%」ですのでカジュアルなスタイルにはネクタイだけドレッシーな印象が残りすぎているので合わせにくいです。

 

その場合には素材を変えて「ニットタイ」や、シルクに麻(リネン)や羊毛(ウール)を織り交ぜた「リネンタイ」「ウールタイ」にするだけで驚くほどビジネスカジュアルにマッチします。

 


 

ビジネスカジュアルに最適なシャツは?

ビジネスカジュアル用のシャツ選びで最も重要なことは「エリ」のデザインです。従来のシャツのエリはネクタイをする事を前提に設計されている場合が多いです。

 

ネクタイの結び目(ノット)とスーツのエリの隙間を自然に埋めるため正面から見たときのエリの開きは適度に閉じているレギュラーカラー、セミワイドカラーがスーツに合わせるエリ型が最適とされています。

 

「レギュラーカラー」のエリ型でネクタイをしないと不思議とだらしなく見えてしまいがちです

 

ネクタイをしないのであればネクタイを締めなくても綺麗にエリが立ちやすいエリの開いたデザインの「セミワイドカラー」「ワイドカラー」「ホリゾンタルワイドカラー」「カッタウェイカラー」からお選びいただく事をお勧め致します。

 

ポロシャツなどのニット製品でも襟付きの物はだらしなく見えませんし快適さが必要な場合は良いと思います。


ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルは違う?

オフィスカジュアルの場合、「お客様と会わない」という理由からより、ビジネスカジュアルよりもカジュアル度が高くても良いという事だと思います。

 

しかし同僚と一緒に仕事をするわけですから「仕事着」である必要があるのは当然です。

 

オフィスワーカーの方はパソコンでの作業が多いので、先ほどのビジネスカジュアルスタイルを「ストレッチ性」の高い素材に置き換えることが最適です。

 

「ストレッチ性」の高い素材「ジャージ、ストレッチの効いたコットン(綿)」の上下セットアップも人気のアイテムです。ビジネススーツの様に上下同じ素材の服装は真面目な印象で仕事着に最適です。

 

シャツをTシャツなどに置き換えても上下セットアップだと見栄えは良いです。

 


ビジネスカジュアルのNGとは?

今までの考え方でコーディネートをしていたら基本的にNGなアイテムを取り入れるケースは少ないと思いますが、普段着との境が分からなくなりカジュアル度合いが行き過ぎてしまうとNGになってしまいますので気をつけましょう。

 

業種や職場に大きく左右されますが「派手な色の組み合わせ」「デニム」「ショートパンツ」「スエット素材」などのアイテムは周りに不快感を与えてしまう為、控えたほうが無難です。

お問い合わせ ネット予約 出張採寸

045-253-6789

会社概要 プライバシーポリシー