お役立ちコラム
オーダースーツ専門店ナガサカ

tel.045- 253- 6789045- 253- 6789
【営業時間】11:00-19:00【駐車場】あり(近隣駐車場)
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
お役立ちコラム
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
  1 2 3 4 5 >

シャツのエリやカフス交換も可能です!

 

クールビスを迎えるこの時期、お問合せで多くなるのがシャツのこと。

中でも多いのがシャツのエリやカフスは交換できるのか、ということです。

今回は、シャツのエリやカフス交換についてご紹介します。

 

■交換するだけで新品のようになるエリやカフス

 

エリやカフスは首・時計などで擦れ、生地が薄くなり、最終的には破れてしまいやすい箇所です。

実際にご自身でもエリやカフスが古くなったり、破れたりしてしまったけれど、その他の部分がまだ状態がいいのにもったいないな…。と感じたことはありませんか?

身ごろや袖などのパーツは、エリやカフスに比べて摩擦を受けにくく、エリやカフスが破れているようなころでも状態は良いことが多いため、エリやカフスを交換するだけで、新品の様に蘇ります。

 

■リフォームの技術でまるで新品のようなシャツに!

 

エリやカフスだけ取り換えることなんて可能なの?と感じる方も多いと思いますが、リフォーム技術のひとつでシャツエリを全て新しいものに取り換えてしまうことが可能です。

古くなって傷んでしまった部分を取りはずして交換をすれば、お気に入りのシャツに袖を通すことができます。しかし、全く同じ生地は手に入らないということもあり、ほとんどの場合は白の襟を取り付けることになります。

例えばサックスブルーのワイシャツの場合、白い襟を取り付けるとクレリックシャツになり、まるでリメイクしたような仕上がりになります。

 

 

「リフォーム価格」

エリ交換・・・・¥5,000+税

カフス交換・・・¥5,000+税

納期・・・・・・約3週間

 

 

※注意事項※

・交換の際の生地は必要な分の残布が無い限り、「白無地生地」との交換に限ります。

・ボタンダウンのエリからボタンダウンでは無いエリ型に交換はお受けできません。(身頃のボタン付け跡に穴が空いているため。)

・シャツの状態によってはエリ・カフスの縫い目が破れているなど、交換できない場合がございます。

・画像は仕上がりのイメージです。

 

 

Posted on 2019年06月19日 17:04

オーダーベルトが人気です!

今、オーダーベルトへの人気が高まっています!

市販で売っているベルトは、フリーサイズなので、自分のウエストに合わなかったという経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、自分で微調整する必要がありますが、意外と手間がかかり面倒だったというお話をよく耳にします。今回は、スーツの必需品、ベルトについてご案内したいと思います。

 

実は、意外と探すのが難しく、自分に合ったサイズやデザインに出会えないのがベルトです。無難なデザインのベルトを探すことができても、好みに合わせるとなると見つけることは困難です。

そもそもオーダーベルトとは、自分のウエストや好みに合わせて、サイズ感やデザインを選ぶことができ、自分だけのオリジナルベルトを完成させることができます。ビジネスシーンやプライベートシーンに活用するのか、検討してからオーダーすることができるので、柔軟に対応することが可能です。

 

 

オーダーベルトのメリットは?

 

自分でサイズやデザインを決めて発注することができるオーダーベルト。具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

 

1.自分にピッタリのサイズ

 

なんといっても一番のメリットは、自分のウエストを採寸してから発注することができるため、フィット感のあるベルトにすることができます。

自分のウエストのサイズに合ったベルトを見つけるのは意外と難しいものです。丁度いいサイズを見つけても微調整が必要でカットしている方も多いのです。

オーダーベルトなら、自分のウエストに合うベルトを探さなくても、オーダーすることが可能です。

 

2.自分の好きなデザイン

 

ベルトのデザインにこだわっている方もそれほど多くないと思われがちですが、自分好みの物を見つけるのが難しいためでしょう。

特にビジネスシーンで活用するとなると、黒や茶色など無難な色が多数を占め、デザイン性を意識することはほぼないでしょう。しかし、オーダーベルトであれば、ビジネスでもプライベートでも活用できるデザインを意識したものを発注することができます。

 

3.オリジナリティ溢れる1本

 

オーダーベルトは、自分だけのデザインで発注することができるため、世界に一つだけのベルトといっても過言ではありません。

相手のサイズや好みが分かっていれば、プレゼントとしても喜ばれるでしょう。

 

 

スタッフがおすすめしたい理由はココ!

 

・豊富なステッチカラーから個性あふれるベルトが作れる

・クールビズの時期にはベルトのオシャレが重要

・痩せた場合でもアジャスト可能な構造

 

ご自身でどんなベルトにするか選んでいる間もとても楽しくなります!

 

オーダーベルト情報

《オーダー価格 》

¥14,000+税

 

《オーダー内容》

~5STEPでお好みのベルトに~

革選び/種類

形状の選択/種類

ステッチ選び/20色

バックル選び/4型・3色

サイズ決め/通常80cm〜100cmまで

 

《有料オプション》

・ビックサイズ

101cm〜120cm+¥1,000+税

121cm〜150cm+¥2,000+税

 

・同素材の靴べら

《納期》

約3週間

Posted on 2019年05月20日 17:43

半袖シャツこそオーダーしましょう!

クールビズが定着している近年、半袖ワイシャツを着用しているビジネスマンの姿を多くみるようになってきました。

長袖シャツよりも快適に過ごせるので、仕事の効率がアップしたという声が聞こえる一方で、「マナー違反ではないか」「おじさんっぽい」など意見も。

そこで今回は、これからの時期に最適な半袖シャツのポイントをオーダーするメリットなどとご案内します。

 

 

■半袖シャツはマナー違反?

 

ビジネス時に半袖のワイシャツを着用していても社内のドレスコードで許容されていれば問題ありません。ただし、社外の方との面会の際は控えたほうがよいとされています。

長袖のワイシャツと比較すると非常に涼しくて快適な半袖ワイシャツは仕事の効率アップにもつながりますので、積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

半袖ワイシャツはクールビズ用に作られたものですので、ノーネクタイで着るのがマナーです。ですので、半袖ワイシャツを選ぶときに基本となるのが「ボタンダウン」の半袖ワイシャツです。

では、どんなスタイルがよいのでしょうか。ビジネスマナー的にはボタンダウンのワイシャツを選ぶようにしましょう。

ボタンダウンのシャツは、ノーネクタイが一般的とされていますので、半袖シャツとの相性も抜群です。

 

■半袖シャツをオーダーする際の注意点

半袖シャツをカッコよく着こなすには、ジャストサイズであることが重要です。

そして全体的にスリムなシルエットになるようにしましょう。ダボっとした半袖シャツほど見栄えが悪いものはありません。

そういったシャツを着るには、やはりオーダーシャツで自分にピッタリなものをチョイスするようにしましょう。

その際に注意しておきたいのは、特にアームホールを小さめにすること。アームホールを小さくすることでシャープな印象のシャツに仕上がります。

また、カジュアル感が出過ぎないよう色柄にも注意が必要となります。さわやかなブルー系などが相手からも好印象を与えます。

生地の種類も豊富にそろっているほか、ボタンなどで印象も代わり個性を出すことが可能です。

機能性にすぐれた素材を選ぶことでご自身にあったシャツが作れるのはもちろん、快適で仕事がバッチリ整うはずです。

Posted on 2019年04月15日 18:24

ビジネスカジュアルスーツをオーダーしませんか?

スーツ通勤100%の会社のオフィスもありますが、働き方改革が叫ばれる昨今、私服やカジュアルなジャケットスタイルで出勤されている方も多くなってきました。

そこで、今回はビジネスカジュアルについてご紹介したいと思います。

 

ビジネスシーンでの服装について

 

普段、みなさんはどのような服装でお仕事をされていますか?

フォーマルスールでしょうか、それとビジネスカジュアルでしょうか?

昨今、ビジネスカジュアルをはじめ、私服通勤など服装規定やドレスコードを見直す会社が増えています。

例えば、総務や経理などのスタッフ部門の場合、スーツよりカジュアルなジャケパンスタイルなどで勤務されている方も多く、いわゆるビジネスシーンでのカジュアルなスタイルをビジカジと呼び注目を集めています。

ただ、どこまでがビジネスカジュアルなのか、定義が分からないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、適切なビジネスカジュアルに注目したいと思います。

 

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの定義とは?

 

ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルという言葉を耳にするけれど、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、ビジネスカジュアルとは企業の訪問や来客、会議の際にも適したカジュアルな服装を指します。つまり、ジャケパンスタイルのことで、襟付きシャツにネクタイとジャケット、パンツはスラックスやチノパンに足元は革靴といったスタイルがスタンダードといわれています。

 

また、オフィスカジュアルとは、私服通勤やデスクワーク時に適したカジュアルな服装で、ビジネスカジュアルよりラフなスタイルです。ポロシャツやスニーカーなどを合わせることが可能です。

私服通勤が認められるようなIT魏曉などで取り入れていることが多いようです。

 

 

ビジネスカジュアルスタイルのオーダーで

 

ビジネスカジュアルで重要なのは、ジャケット選び。そこで最も重要なのがサイズ感です。

細身のシルエットで、身体にフィットしたジャストサイズのジャケットが最適です。

また、色はネイビー系などシンプルするのもおすすめです。

ビジネスカジュアルスタイルであっても身体にフィットするようなジャケットは、やはりオーダーで作ることをおすすめします。

ジャケットだけでなく、パンツもサイズ感が重要。幅と丈が長すぎたり太すぎやりするとだらしない印象になり、逆に細すぎたり短すぎるのは、プライベート感が出てしまい、ビジネスに向きません。

いくら、カジュアルでよいとはいってもビジネスシーンにおいては相手に好印象を持ってもらうことが重要なので、オーダーでジャケットやパンツを作ることをおすすめします。

当店でも対応しておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

Posted on 2019年03月15日 18:46

2月のおすすめアイテム/TUSTING本革2WAYバッグ

◆2月のおすすめアイテム

 

 

 

TUSTING本革2WAYバッグ

52,000+税

オレンジ / ネイビー※2色展開

今月はおすすめアイテムをご紹介いたします。

オーダースーツだけでなく、バッグにもこだわりたいものですね。

そこで、春からのシーズンに大活躍しそうなのがタスティングの本革バッグです。

 

 

◆タスティングとは?

英国靴の聖地・ノーザンプトンに1875年に誕生したブランドで、5代に渡ってレザーギルドの名門タスティング家の名が冠されたイギリスの伝統ある老舗です。

タスティング社の地元であるノーザンプトンは、上質な英国革靴の聖地とも呼ばれ約150年に渡って最上級のレザーをチャーチ、エドワード・グリーン、チーニー、ジョン・ロブ、クロケット&ジョーンズなど数多くの高級英国革靴ブランドに提供してきました。

このイギリスの皮革業界を代表するレザーファクトリーが手がけるタスティングブランドのコレクションは、イギリスのチャールズ皇太子も愛用していることでも広く知られています。

 

◆タスティング製品の魅力

英国紳士向けに作られたタスティングですが、使用されている糸が太目で、ワイルドな印象を与えるのも特徴的。

革そのものの良さが際立つデザインは、縫製の丁寧さはもちろんですが使うほどになじんできます。

また、良質なブランドであるのに料金設定も比較的購入しやすく、20代から50代まで幅広い世代のユーザーに愛されています。

その他、カラーリングも鮮やかで比較的カチっとしたスーツはもちろん、カジュアルな装いにもマッチします。

 

◆こんな着こなしがおすすめ

オレンジなどの鮮やかな色をチョイスした場合、差し色としてワンポイントの際立ったコーディネートをするとオシャレな印象になります。

地味な色合い、定番のデザインのスーツや着こなしにワンポイントとして加えるだけで、ワンランク上のオシャレな雰囲気になります。

また、オレンジのバッグはカジュアルなジャケパンのコーディネートも向いていますので、オフの日のスタイルにも最適です。

一方、ネイビーはどんなコーディネートにもハマる優秀カラー。しかし、ド定番のブラックやブラウンでは他の人と差をつけにくくなります。

 

◆今月のまとめ

高機能で使い勝手の良い、TUSTINGの2WAYトートは、細見のスーツスタイルだけでなくカジュアルな印象のファッションにも合わせることができます。

使うほどに革製品独特の風合いも生まれているのが特徴です。厚いコートが必要なくなるこれからの時期にぜひ手に入れていただきたいおすすめアイテムです。

 

 

Posted on 2019年02月15日 13:45