お役立ちコラム
オーダースーツ専門店ナガサカ

tel.045- 253- 6789045- 253- 6789
【営業時間】11:00-19:00【駐車場】あり(近隣駐車場)
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
お役立ちコラム
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
  1 2 3 4 5 >

新郎も結婚式も主役!タキシードはぜひオーダーで!

結婚式は、花嫁が主役というイメージですが、もちろん新郎だって主役です。

結婚式は一生に一度の晴れ舞台ですから、新婦に合わせて新郎も素敵な衣裳でのぞみたいもの。

 

 

ですが、タキシードといっても普段あまり馴染みがない為、スーツとタキシードの違いや、どういった基準で選べば良いかわからないという人も多いでしょう。

そこで、今回は元コーディネーターの私がタキシードの基礎知識から選ぶ際のポイントなどを紹介します。

この記事を読めば、自分達も納得して更にゲストにも素敵と思ってもらえるタキシードを選ぶことができるでしょう。

 

■そもそもタキシードって?

「そもそもタキシードってなんだろう?」「新郎は結婚式でスーツを着てはいけないの?」と疑問に思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

タキシードとスーツの違いは、簡単に言うとフォーマルかどうかです。

結婚式で着用するフォーマルウェアにはそれぞれドレスコードがあります。結婚式には格式が高い衣裳が定められているのです。

スーツというのは、略礼装になりますので、結婚式ではゲストが着用する衣装になります。

一方タキシードは婚式の主役となる新郎に相応しい衣裳になり、各が異なるというわけです。

ゲストおもてなしする立場ですから、ドレスを着用する新婦と揃え、タキシードを着用するということになります。

海外でのウェディングでカジュアルな衣装もありますが、ゲストをお招きするのであれば、きちんとしたタキシードを着用したほうが良いのです。

 

■タキシードにはどんな種類がある?

 

本来タキシードは、冠婚葬祭や儀式典礼で着用するフォーマルウェア、礼服の種類のひとつです。

それぞれの衣裳にはドレスコードがあり、「正礼装」「準礼装」「略礼装」という格式によってスタイルに分かれます。

ここでは、新郎が結婚式で着用できるフォーマルウェアをご紹介します。

 

・モーニングコート<昼の正礼装>

 

昼間に着用する最も格式が高い衣裳がモーニングコート。ジャケットの後ろが長く、短い前裾から後裾へ斜めにカットされているのが特徴です。父親が着用するイメージが強いかもしれませんが、新郎も着用します。

 

・フロックコート<昼の正礼装>

 

19世紀中頃から、伝わる伝統的な衣裳で前後膝まであるジャケットのデザインが特徴的。

昼の正礼装でしたが、現在の主流はモーニングコートになっているので、結婚式で着用している新郎の姿で見る程度になっています。

 

・テールコート(燕尾服)<夜の正礼装>

 

夜間に着用する最も格式が高い衣裳が燕尾服。ジャケットの前丈が短く、後ろの裾が長くなっておりツバメの尾のように二つに分かれていることが特徴で白い蝶ネクタイを合わせます。

 

・タキシード<夜の準礼装>

 

タキシードは、基本的には夜間着用することができる「準礼装」とされていましたが、時代の流れとともに燕尾服の着用が少なくなり、タキシードを正礼装とする流れになっています。

 

■タキシードの入手方法

 

 

タキシードにはいくつか入手方法があります。ここでは、3つの方法をご案内します。

 

・既製品のレンタルする

日本では、デザインやサイズの豊富に揃っているので、レンタルが主流となっています。

間があまりない人や、どういったタキシードを選んで良いかわからない人がレンタルを利用しているようです。ただ、花嫁の衣装からは目おとりすることもあります。

 

・オーダーメイドを購入する

近年、徐々に需要が増えてきているのがオーダーメイドです。レンタルと料金はあまり変わらないのに自分好みにオーダーすることができます。新婦のドレスに合わせることができること、体にジャストフィットするので、非常にバランスがよいとされています。

 

その他、既製品の購入などの入手方法もありますが、せっかく新婦も素敵なドレスで結婚式に臨みますので、新郎も合わせておきたいものですね。

Posted on 2018年06月29日 19:20

父の日に世界でただ一つのオーダーシャツをプレゼントしませんか

母の日よりどうしても影が薄くなってしまう父の日。
今年の父の日は6月17日(日)です。
父子で仲が良いという方もいれば、普段はなかなか何を話して良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
その上で感謝の気持ちを上手に伝えるのは難しいものです。
今年は趣向をこらして、大切なお父様のために世界でただ一つのプレゼントをしませんか。
フルオーダーのシャツであれば、これ以上ない贅沢なプレゼントになります。
お父様がリタイア組でスーツを着ることがなくなった、という方にも自由にデザインやカラーを選べるオーダーシャツはおすすめですよ。

■世界に一つのオーダーシャツ

熟練した職人が、お父様だけのシャツを1枚ずつ裁断し、時間をかけて丁寧に縫製していきます。
生地の柄を1枚1枚合わせて、襟型・カフス型などさまざまに仕様が違うシャツを、すべて手作業で縫製していくので、シャツを作り出すためにかかる時間は3週間ほどかかります。

●着る方にフィットするボディ
9種のスタイルがあり、定番のものから最近のトレンドであるタイトなスーツに合わせて選ぶのも良いでしょう。

●堂々とした厚みの胸元を演出するカラー
襟型は首筋に沿いつつスーツの襟元にきっちりとおさまる自然なカーブが理想的です。お父様にシャツを着るシーンを伺って決めると良いですね。

●手首になじむカフス
オーダーシャツならではの手首にしっかりとなじむカフスは、遊び心や趣味にも対応できます。ロールアップした時にのぞく生地や時計をする側のカフスを大きくするなど、楽しく選びましょう。

●シーンにあわせて選べるポケット
1つあるかどうかでもその印象が変わるポケット。さまざまなデザインのものが選べます。フォーマルな場で着用するならポケットなしも選択可能。フラップ付きの2つポケットでカジュアルに着こなすデザインにすれば、アウトドア派のお父様にも喜んでもらえるでしょう。

 

■今年のプレゼントは「お仕立券」をサプライズで

当店のみの扱いになりますが、大切な方への贈り物に「お仕立券」を発行させていただいております。
今年の父の日はさりげなくサプライズプレゼントとしてお父様に「お仕立券」をプレゼントされるのはいかがでしょうか。
「お仕立券」には生地代と縫製代が含まれています。お仕立て券お申し込みフォームで簡単に申し込んでいただけるので、お忙しい方も安心です。
有効期限がありますので、受け取ったお父様が大切にしまいこんでしまわないように確認しておくことをおすすめします。

■一緒に出かけて選ぶ

特にシャツにこだわりがなく、これまでオーダーシャツに縁がなかったというお父様もいらっしゃるかもしれません。
しかし、男性のシャツは女性のふくほどバリエーションもなく、既製品だと特別感には欠けてしまいます。
そんな中で「世界でひとつの自分だけのシャツ」をプレゼントされて、喜んでもらえないわけがありません。
服にこだわりのないお父様にも、好みがはっきりしているお父様にも喜んでもらえるには、一緒にお店に出向くこと。
せっかくのプレゼントの有効期限が切れてしまうことの防止にもなります。
親子でのお出かけが久しぶりだったり、採寸してもらうのを照れくさく感じたりするお父様もいらっしゃるでしょうけれど、きっと喜んでくださってますよ。
襟の形や生地、ボタンの色など一緒にデザインして、一緒に出来上がりを楽しみに待ちましょう。

 

 

 

Posted on 2018年05月31日 13:22

クールビズでも敢えてスーツを着用しませんか?

 

エネルギーの節約や地球温暖化対策の一環としてクールビスが提唱されてから十数年、今では一般的になっていますが、ビジネスマンにとっては少し悩ましい季節でもあります。
それは、何を着用すればいいのか、どんなコーディネートをすればよいのかという永遠の?テーマ。オフィスで違和感なくかつ涼しげな服装をするというのは案外難しいものです。
ここでは夏でも涼しく着用できるスーツの仕立て方や夏向きの素材などについてご紹介。こちらを参考にしてクールビズでも敢えてスーツを着用し、ビシッと決めましょう。

 

【おすすめ!半裏仕立て】

●背抜き仕立てよりも夏向き

春夏向けスーツで一般的な仕立て方といえば、背抜き仕立て。前身頃の裏地は全体的に、背裏地の下部分だけ3分の2をカットする方法です。
これに対し半裏仕立てとは、前身頃の裏地も弧を描くようにざっくりとカットした形状を言います。
メリットは前身頃の通気性が格段にアップするということ。型崩れしないように最低限の裏地だけ付け、軽量化と通気性を重視して仕立てます。

●裏地で変化を持たせておしゃれ度アップ!
前ボタンを外した際にチラッと見える裏地。前見頃の裏地がざっくりカットされている状態だと、内ポケットやタグが目立ってしまってダサく見えないか・・・?こんな疑問を持つ方もいるでしょう。
でもご心配なく。そんな状況を逆手にとって、敢えてビビットな裏地を選んでみてはいかがでしょうか?
例えば、ダークグレーのスーツに淡いブルー、濃紺のスーツにワインレッドの裏地など。これならばチラッと見える裏地でもおしゃれに決めることができます。
裏地の素材は、美しく光沢のあるキュプラがおすすめ。メッシュ素材も夏らしくていいでしょう。

 

【夏用スーツの選び方】

●まずは着心地を確認

素材や仕立て方などスペック上では優れているからといって、ご自身にとって最高の着心地だとは限りません。夏用スーツは必ず試着をして、ご自身の感性で着心地を確かめてください。軽さや涼しさはもちろん、パンツは肌触りや動きやすさやなどもチェック。ジャケットは手に持つシーンが増えますので、しわになりにくいかなども確かめましょう。

 

●おすすめ素材

・モヘア:アンゴラ山羊から取れる獣毛。通気性に優れ、しなやかな光沢があり、熱がこもりにくいのが特長。カシミヤほど高価格ではありません。
・サマーウール:羊の獣毛を細くよった素材。通気性や清涼感に優れており、サラッとした着心地が特長です。
・コットン:吸湿性・通気性に優れ、見た目も肌触りも優しい雰囲気なのが特長です。カジュアルに着こなせます。
・リネン(麻):カジュアルかつおしゃれ感のある個性的な素材。吸湿性に優れ、少し不揃いな織目としわが独特の味を醸し出します。
・シアサッカー:独特のストライプと表面に出る波模様が特長。よりカジュアルに着こなしたい方におすすめです。

 

●肩パッド・芯地は薄めで

スーツを着用している時、肩や脇周りに熱がこもる、と感じる方は多いのではないでしょうか。肩パッドが薄いものを選べば、身体から出る熱気を発散してくれるので、涼しく着こなすことができます。
また、芯地(表地と裏地の間にあり、型崩れを防いでくれるもの)も薄いものを選びましょう。胸周りが涼しくなり、清涼感が増します。

●本切羽仕様

本切羽仕様とは、ジャケットの袖口がボタンで開く仕様のことで、本開き使用とも言います。コットンやリネン、シアサッカーの生地で仕立てる場合、本切羽仕様にすれば袖をまくる事ができるので、夏らしい見た目とカジュアル感を演出できます。

Posted on 2018年05月01日 11:52

■オーダーシャツの魅力とは?


新しいものが欲しくなったり、新しいことがしたくなったりする春。
暖かくなったと思ったら、すぐに初夏がやってくるので、「クールビズ」のシャツも気になるところですね。
せっかくですから新しいシャツをオーダーしてみるというのはいかがでしょうか。

スーツでお仕事をされる方も冠婚葬祭くらいにしかスーツを着ないという方も、シャツをおろそかにしていませんか?
スーツを引き立てるシャツにこだわるとより洗練されたイメージになります。
今回のナガサカのコラムでは、オーダーシャツの魅力をお伝えしてきましょう。

●シャツにこだわりたい理由

せっかくオーダースーツでキメていても、中のシャツがくたくただったりサイズが合わずに着こなせていなかったりすると、端から見て残念なイメージになってしまいます。
特に仕事を毎日着ている方は周りの方もスーツでしょうから、その残念さ具合は顕著です。
同じく冠婚葬祭でもダークスーツが集団でいるとシャツのせいでだらしなく見られてしまいます。
その点オーダーシャツであれば、自分にぴったり合ったサイズのシャツが作れるのでだらしなく見られることはまずありません。
自分の好きなデザインやカラーを選ぶこともできますし、シャツを買うときあるあるの「もう少しおしゃれなシャツがほしい」も叶いますよ。

●自分にぴったりのシャツを作れる

オーダーシャツの魅力はまず自分にぴったりのサイズのものを作れるというところ。
男性は胸板が厚い方や既製品のワイシャツのように裾が長くない方が好きという方は自分好みに調整できます。
モデルに比べて猫背だな、とか肩が前に出ている、なんて考えたことありませんか?
例えば胸囲が96cmの方で比べると、腰囲が82cmの方もいれば96cmの方もいらっしゃいます。
既製品はどちらの大きさにも合うように作られているので、腰囲が細い方は裾が余ってズボンの中がゴワゴワになってしまうのです。
腰にしわがたくさん入って、せっかくスマートな体型なのにもったいないことになってしまいます。
他にも首が太いから首のサイズに合わせるとぶかぶかになってしまう方や胸板だけ厚いという方、肩幅だけ広いという方もいらっしゃるでしょう。
そんな中ビシッとぴったりのサイズのオーダーシャツを着ていると清潔感があるのでビジネスシーンでも好評を得られます。

 

 

●ビジネスにおける武器になるシャツを作れる

最近では「ビジネスカジュアルシャツ」も流行っていますし、これからの季節「クールビズ」でノージャケット・ノーネクタイになってくると、よりオーダーシャツか既製品かで違いが現れます。
オーダーシャツはデザインが豊富ですからサイズだけでなく襟と身頃の生地を変えたり、襟やボタンにこだわったりすることができるので、既製品のようにどこかに妥協したり、ジャケットを脱いだときのスタイルに飽きるということもありません。
ノーネクタイであれば襟や袖口にこだわったボタンダウンやクレリックシャツもおしゃれですよね。
ビジネスシーンで着用したいオーダーシャツのカラーにこだわるなら、知的さや誠実さをイメージさせる「青」がおすすめです。
涼しげなストライプ柄も無地と同じく場所を選ばずに着ることができます。ストライプ柄であれば細く幅の狭いものを選びましょう。
基本的なビジネスマナーや会社内でのルールをおさえて仕事ができる自分を演出してくれるオーダーシャツを手に入れてくださいね。

 

 

Posted on 2018年03月30日 20:26

穴があいてしまったなどのトラブルにはかけはぎで対応

季節がかわり、着用しなくなったスーツ。保管する前に、しっかりとクリーニングに出していますか?時折、うっかりクリーニングに出し忘れていたという話を聞きますが、皮脂や汗を吸収したスーツをそのまま保管しておくと、虫に食べられて穴があいてしまいます。

他にも、タバコの火で穴があいてしまったり、どこかにひっかけてしまったり、さまざまなトラブルで、スーツに穴があいてしまうことがあるものです。

 

今回のナガサカのコラムでは、スーツの穴を塞ぐ「かけはぎ(かけつぎ)」という技術をお伝えいたします。ちなみに、関東地方ではかけはぎ、関西地方ではかけつぎと言います。

 

かけはぎとは、簡単に説明すると「穴を塞ぎ、できるかぎりその生地にちかづけて修復すること」を言います。穴を塞ぐだけで良いのなら、ワッペンやアイロンプリントを貼りつければ簡単にできますが、スーツにワッペンは似合いませんしおかしいですよね。

かけはぎは、スーツの生地と同じ生地(共布)を使って修復していきます。共布がない場合は、裾裏やポケットの内部分など見えない部分から生地を取ってきますが、穴が大きい場合は布の面積が足りないことも。その場合は、共布と共布を繋いで修復するのですが、共布や共糸は、なるべく保管していただきますと安心です。

 

大切なオーダースーツに穴があいてしまったら、まずはお気軽にご相談ください。

 

■かけはぎの注意点

 

かけはぎで穴を塞ぐことはできますが、完全には元通りになるとは言えません。

 

・かけはぎの跡

何度も着用しているスーツの生地は少しずつ変色しています。変色が激しいスーツに、変色していない共布を使えば、若干の色の違いはごまかすことができません。

後染めプリントや化学繊維、玉虫織り、光沢のある生地、硬い生地など、生地の種類によってはかけつぎが目立ってしまう可能性も高くなります。

 

・かけはぎができない生地

皮革やナイロン、ベルベット、オーガンジー、コーデュロイなどの生地にはかけはぎができません。また、生地が弱っているものもお断りする可能性がございます。

 

・かけはぎの料金について

かけはぎの料金は、生地の素材や、穴の大きさ、部位などによって、料金がかわってきます。

あいている穴の大きさだけではなく、その周りの状態もチェックをして、修理するサイズが決まります。そのため、時には穴が小さく見えるスーツの方が高い費用になることも。

 

■かけはぎの技術

 

・差し込み法

穴の部分に四角い共布をあてて、元生地に違和感がないようにはめ込んでいく、一般的な方法です。

 

・織り込み法

穴の部分に共布をあて、組織通りに織り込んでいく方法です。織り込んだ部分が傷みにくく、仕上がりも美しいのですが、手間がかかるため技術者が少なくなっています。

 

・糸入れ法

共布は使わず、生地の組織通りに糸を織り込む方法です。小さな穴しか直せませんが、とても美しい仕上がりになります。こちらも技術者は少なくなっています。

 

・ます掛け(割りつぎ)

穴を四角に切り取り、共布に縫い代をつけて細い糸で縫い合わせます。縫い合わせの跡が目立ちやすい方法です。

 

・切りばみ

穴を四角に切り取り、同じ大きさの共布をはめ込みます。共布が目立つうえ、クリーニングにも弱く、推奨できません。

Posted on 2018年02月28日 16:41