Ermenegildo Zegna商品説明/2018年 春夏コレクションについて
オーダースーツ専門店ナガサカ

tel.045- 253- 6789045- 253- 6789
【営業時間】11:00-19:00【駐車場】あり(近隣駐車場)
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
Ermenegildo Zegna商品説明/2018年 春夏コレクション
ナガサカはZegnaの正規取扱店に認証されております。

ナガサカはZegnaの正規取扱店に認証されております。

海外のブランド生地は、とても厳しい品質管理のもと保管場所や移送方法などにも行き届いた配慮がされています。それだけ最新の注意を払った環境の中で輸入されたZegnaの生地を扱えるのは、正規取扱店のみ。「Ermenegildo Zegna」の生地でオンリーワンのスーツを体験してみませんか?

「正規取扱店」としてのオーダースーツ作りの流れ

  • ご来店
  • 生地選び
  • 本国へオーダー
  • 生地の取り寄せ
  • 縫製
  • 仕上がり

STILE LIBERO(ART. 305 / 1550)

STILE LIBERO(ART. 305 / 1550)

英語ではフリースタイルという名のペットネームがついた新素材はハイツイストの糸とライクラを掛け合わせストレッチする素材です。ゼニアがスーツ地にライクラを使用するのは初めての試みです。210gと軽量で平織りのスーツ地1550とホップサックのブレザー地305がございます。 ART. 305 ─ ホップサックブレザー地
ART. 1550 ─ 平織りスーツ地(ファンシー)

TROFEO DENIM(ART. 015)

TROFEO DENIM(ART. 015)

AW17で大好評だったTrofeo Denimの春夏バージョンです。色落ちしない加工がしてありAWより軽くしなやかなタッチが特徴です。 ART. 015 ─ ウールデニム セットアップ用

SUMMER TWIST(7751)

ウールシルクの超軽量スーツ地です。昨年の7750からFinishを変えて多少ドライタッチとなりました。150gと軽量で、ファンシー柄のオーバーダイのクオリティです。 夏らしい軽量感と、着やすく動きやすいパフォーマンスの高さが期待できます。 ART. 7751 ─ ウールシルク軽量スーツ地(ファンシー)

TRAVELLER(ART. 1880 / 1880U / 3580)

TRAVELLER(ART. 1880 / 1880U / 3580)

夏のトラベラーとして大ヒット中の1880、1880Uは引き続き人気の高い素材です。新しい柄を加えてさらに充実したコレクションとなっております。タテが91の双糸を使用しており、きめ細やかで美しい表面感が好評です。目付けが250gと初秋や梅春など、最も寒い時期を除けば通年で着ていただける素材ですので、幅広い用途で御使いいただけます。
クールビズの流れもあり、春夏でスーツを買うなら扱いやすく特徴のあるものをという声も聞かれます。販売時にお客様へ是非アピールいただきたい商品です。又トラベラーシリーズのジャケット3580も定番化しており、4ハーネスのクオリティでナチュラルストレッチがきいています。 ART. 1880 ─ スーツ地(ファンシー)
ART. 1880U ─ スーツ地(無地)
ART. 3580 ─ ナチュラルストレッチジャケット地

MOHAIR TROPHY(6260 / 6600 / 6670)

MOHAIR TROPHY(6260 / 6600 / 6670)

南アフリカ産の上質なモヘアを使用した夏の定番素材です。 張りこしのある風合いに加え、光沢感、清涼感が特徴です。6600は強撚の無地の定番スーツです。弊社の製品でも日本を始め評判良く売れております。 6260は柄もシンプルでモヘアらしい存在感に溢れています。6670は表面感のあるウールモヘアのブレザー地です。 ART. 6600 ─ 強撚スーツ地(無地)
ART. 6260 ─ モヘア混スーツ(ファンシー)
ART. 6670 ─ モヘア混ブレザー地

HIGH PERFORMANCE(ART. 1430 / 1430U)
HIGH PERFORMANCE C.E.(ART. 3450)

HIGH PERFORMANCE(ART. 1430 / 1430U)

オーストラリア産スーパーファイン・メリノウールを強撚した定番素材。80年代半ばにゼニアが開発した機能性の高いクオリティで、弾力性がありしわになり難く、しわが出来てももとに戻りやすい特徴があります。
ナチュラルストレッチの使いやすい高級素材です。3450はHigh PerformanceとCool Effectの機能も持ち合わせたファンシージャケットです。 ART. 1430 ─ スーツ地(ファンシー)
ART. 1430U ─ スーツ地(無地)
ART. 3450 ─ ジャケット地(ファンシー)

HERITAGE(ART. 4550 / 4630)

“Heritage”は、ゼニア社が誕生以来開発してきた素材を集めた歴史的に貴重なファブリックのコレクションブックと、エルメネジルド ゼニア自身のワードロープから取り入れた1930年代のデザインと風合いを現代風な魅力ある服地に織り上げた素材です。 1930年代と同じDouble TwistとTraditional Finishを施した素材は、その当時の色柄を特徴とするだけでなく、高い皺の回復力も特徴としており、多忙な一日や長旅の元で着用しても、きちんと掛けておくだけで、元通りの表情を取り戻す機能を備えています。4550はウール / リネン / ポリアミドのファンシージャケットです。流行のブークレ調で、動きのある表面感が新鮮です。4630は表面感のあるウールシルクのジャケットで、Thick & Thinの素材です。 ART. 4550 ─ ウールリネンポリアミド ジャケット地(ファンシー)
ART. 4630 ─ ウールシルクリネン ジャケット地(ファンシー)

COOL EFFECT(ART. 166 / 166U / 166T / 3600)

COOL EFFECT(ART. 166 / 166U / 166T / 3600)

ダークカラーのスーツは、男性のワードローブでは欠かせないアイテムとなっていますが、気温が高い真夏などの季節は、そのイメージから着用を敬遠されることが多いと思います。
『Cool Effect(クール エフェクト)』は夏の定番クオリティで多くの媒体でも取り上げられ世界的に好評を博しています。伝統的なエレガンスと最新のテクノロジーを融合させ、常に市場に新しい息吹をふきこんできたエルメネジルド ゼニア グループが開発したこの革新的なファブリックは、ダークカラーでも太陽光を反射し、体感温度を下げてくれます。例えば外気温が40度の場合でも、体感温度はそれ以下に涼しく感じられます。
『Cool Effect』は細さ17ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)のオーストラリア産ウールを原材料としてつくられ、生地の染めと仕上げの段階で特別なトリートメントが施されています。この画期的な新ファブリックは、ダークカラーのファブリックでも明るい色合いのファブリックと同様に太陽光を反射する特性を持ち、真夏の太陽の下、スーツを纏う男性のスタイルを変え、夏の暑いシーズンでも涼しく快適に着用いただけます。
『Cool Effect』は、バリエーション豊かなコレクションを展開します。無地、チェック、ピンストライプなどフォーマルからアクティブなスタイルまで、ダークカラーのワードローブを年間通して楽しむことができるようになりました。
又、従来のトロピカルの素材と比較してみますと、まず目付けが220gから190gに、糸の番手も70から82に細くなりました。 またトロピカルは緯糸が単糸使いでしたが、縦糸・緯糸共に双糸使いとなり、パフォーマンスにも優れた素材へと進化しております。涼しく感じられるという機能抜きにしても夏に快適な軽くてしなやかな素材として人気があります。 ART. 166 ─ 先染めのスーツ地(ファンシー)
ART. 166U ─ 先染めのスーツ地(無地)
ART. 166T ─ 後染めのスーツ地(無地)
ART. 3600 ─ シルク混のブレザー地

TROFEO(ART. 2630 / 2630T / 2630U)

TROFEO(ART. 2630 / 2630T / 2630U)

ゼニアの永遠の看板クオリティTrofeoの春夏向けクオリティです
糸の細さはスーパー150レベルで、番手はタテ2 / 117、ヨコ1 / 56という良質の原料を使用しております。230gと軽量なため、SSの立ち上がりから夏にかけてより長い期間の着用が可能です。 ART. 2630 ─ スーツ地(ファンシー)綾織先染め
ART. 2630T ─ スーツ地(無地)綾織後染め
ART. 2630U ─ スーツ地(無地)綾織先染め

TROFEO 600(ART. 1820 / 1820U / 3840)

TROFEO 600(ART. 1820 / 1820U / 3840)

軽量トレンドの一環として、TrofeoにシルクをブレンドしたTrofeo600クオリティが人気です。600とはシルクの番手のことで可能な限り細番手のファインなシルクとTrofeoウールのダブルツイストで縦横双糸使いとなっております。(1820)生地表面がきめ細かくシルクの上品な光沢があり、高級感のある素材で色合いも明るくSSならではのバリエーションがございます。
ウェイトは特筆すべきもので、190gと超軽量化を実現させました。定番素材のTrofeoに満足せず、更に一歩進んだものを求められているお客様に魅力ある特徴を備えたクオリティとなっております。
3840は140gとかなり軽量な綾のシャツジャケットに相応しい素材です。 ART. 1820 ─ スーツ地(ファンシー)
ART. 1820U ─ スーツ地(無地)
ART. 3840 ─ シャツジャケット用

TROPICAL(ART. 091 / 091T / 191)

TROPICAL(ART. 091 / 091T / 191)

オーストラリア産のスーパーファインウールを使って織り上げた夏向きの平織素材です。230g/mと軽量で、サラリとした清涼感と風合いの良さが特徴です。ゼニアの春夏向けの基本的な素材でクラシックな色柄が中心となっています。マイクロンスフィア加工も可能です。 ART. 091 ─ スーツ地(無地)先染め
ART. 091T ─ スーツ地(無地)後染め
ART. 191 ─ スーツ地(クラシック柄)

SHANG(ART. 1780U / 3380)

SHANG(ART. 1780U / 3380)

Shangとは中国の王朝“商”の英語名です。商の時代、中国は絹の黄金時代にありましたが、現在のファッションにおいてエレガンスさやそのたおやかさを引き出すために欠かせないシルクのルーツは間違いなくこの数千年前の歴史にさかのぼるのです。ゼニア社はウールとこのシルクをブレンドすることで現代的で繊細で軽量なクオリティを開発しました。
綾織りでシルクの高級感ある光沢が魅力です。昨今は夏の素材でもこのクオリティのような軽量な綾素材が人気を博しています。Trofeoより買いやすい価格の綾織り素材として定番人気です。そしてコンパクトヤーンを使用することで表面感がよりスムースな仕上がりとなっております。スーツは無地柄のみの展開で、軽量で綾織りのジャケット地3380はリーズナブルな価格で引き続き好評を得ています。 ART. 1780U ─ シルク混のスーツ素材(無地)綾織り
ART. 3380 ─ ジャケット(ファンシー)綾織り

PRECIOUS QUALITY(ART. 2960 / 9481 / 1990 / 3980)

ゼニアのスーツ地のラインナップの中では最高級の15マイクロンの素材も人気です。特にオーダーの市場ではゼニアの定番として2960が好評を得ており、品のある落ち着いた光沢が特徴です。1990は新素材で14マイクロンを使用した平織スーツ地です。3980は14マイクロンの6ハーネスのブレザー地です。また、9481はBestカシミヤを使用したカシミヤシルクにヘンプを合わせたジャケット地です。 ART. 2960 ─ 4ハーネスの15マイクロンスーツ(ファンシー)
ART. 1990 ─ 14マイクロン 平織スーツ地
ART. 3980 ─ 14マイクロン ブレザー地
ART. 9481 ─ Bestカシミヤシルクヘンプジャケット地

JKT / QUALITY(ART. 488T / 4930 / 4700 / 4610 / 4640 / 4660 / 4670)

定番であるウール、シルク、リネンの三者混のコレクションからはウール勝ちなものリネン勝ちなものをお好みでお選びいただけます。全て目付けも軽く涼しげで、盛夏シーズンまで長い期間着用が可能なものが揃っています。色目も明るくて、価格もリーズナブルなものが多く好評です。
4670はThick & Thinの表面感で人気です。その名の通り、糸が太かったり細かったりすることで凹凸感と立体感のある外観でレトロな雰囲気を醸し出しております。4660は平織りでかすり調の柄が魅力です。また毎年好評のウールリネンの4700はスムースで滑らかな表面感です。新素材の4610はスーツジャケット両方可能でパナマシャンタン風のウールシルクリネンの素材です。同じくスーツジャケット可能な新素材の4640はウールリネンシルクのシャンタン風で、オーバーダイの素材となります。4930は定番のリネンウールシルクのジャケット地でスーツにも使用可能です。 ART. 488T ─ リネン、ウール、シルクのジャケット地
ART. 4930 ─ リネン、ウール、シルクのジャケット地
ART. 4700 ─ ウールリネンのジャケット地
ART. 4610 ─ ウール、シルク、リネンのスーツ / ジャケット地
ART. 4640 ─ ウール、リネン、シルクのスーツ / ジャケット地
ART. 4660 ─ 平織ジャケット地
ART. 4670 ─ Thick & Thinのジャケット地

CASHCO(ART. 5310 / 4210)

CASHCO(ART. 5310 / 4210)

秋冬で好評な5310を春夏でも継続しております。セットアップに最適なマットな表面感のギャバジンで、エラステンが入っておりますので着やすさも抜群です。4210は新素材で5310の軽量バージョンとなっておりましてウェイトが210gです。 ART. 5310 ─ カシコライトギャバ セットアップ用
ART. 4210 ─ カシコライトギャバ セットアップ用 軽量バージョン

DEEP BLACK(ART. 1020 / 1030/ 1040)

濃染のフォーマル素材も引き続きご紹介しております。通常のコレクションの黒色は、国内の濃染ブラックと比べるとグレーのように薄く見えるのが普通でしたが、ゼニアの技術革新の追及の結果、国産の濃染加工と遜色のない濃いブラックのウール素材を開発いたしました。
ゼニアではブラックだけでなく欧州でも人気のネイビー、ボルドーの濃染も併せてご用意しております。織りの種類により3品番ございます。 ART. 1020 ─ ファイユ組織
ART. 1030 ─ 綾組織(ツイルの幅が1040より大きい)
ART. 1040 ─ 綾組織