お役立ちコラム
オーダースーツ専門店ナガサカ

tel.045- 253- 6789045- 253- 6789
【営業時間】11:00-19:00【駐車場】あり(近隣駐車場)
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
お役立ちコラム
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
< 9 10 11 12 13 >

カーディガンの選び方、着こなし方

夏も終わり、秋が到来し、朝晩は肌寒い日が増えてきましたね。
そんな秋冬の季節に活躍してくれるのがニットアイテム。
なかでもカーディガンは使い勝手が良く、Vゾーンの引き立て役に
なってくれます。今回はカーディガンの選び方から着こなし方までを
紹介致します。

着脱が簡単なカーディガン

暑かった夏も終わり、秋は肌寒くなってくる季節。まだ冬ではないので、
コートを着るわけにもいかない。そこでおすすめのアイテムがカーディガン
です。そもそもカーディガンとはカーディガン伯爵がクリミア戦争時に負傷
した兵士でもすぐに着れるようにと着やすさを考えて考案した衣類です。
そのため寒い時はさっと切ることが出来ますし、室内の暖房が暑い時は
簡単に脱ぐことも出来ます。昔はスーツの中にカーディガンを着るのは
オヤジ臭いという発想がありましたが、もうそんな発想は全くありません。
今は多種多様なカーディガンがあるので、コーディネートによって個性を
アピールできるアイテムだと言えます。

◆ジャケットを着た時

ベストを着る感覚で着こなそう

胸元を華やかにしてくれるベスト同様にVネックのカーディガンは
大人の色気を演出してくれるアイテム。ジャケットの中に着る時は、
Vゾーンからどれだけカーディガンが見えるかがポイントになります。
見えるカーディガンの面積が多い程、防寒のために着ている印象が強くなり、
少ない程、ファッションアイテムとしての雰囲気を漂わせることができます。

スーツスタイルの一番目立つVゾーンに合わせるわけですから、
かなりの注意が必要です。そのため、まだ着こなす自信がない場合、
最初の一枚はチラ見せぐらいのものを選ぶと良いでしょう。

ベストの場合はスーツの色とベストの色を合わせる必要がありますが、
カーディガンの場合はその必要はありません。そのため指し色として活用して
見るのもありです。また厚手のカーディガンを着てしまうと着ぶくれしてしまうので、
カーディガンを選ぶ時は薄手のものを選びましょう。

購入する際は必ずスーツを着て行き、試着してから買うのが基本です。
素材はウール以外にも化繊やコットンもありますが、今の季節は防寒効果の
高いウールをセレクトするのが無難です。

◆ジャケットを脱いだ時

ビジネスでは無地のシンプルなものをセレクト

ビジネスシーンにおいて、カジュアルに見えてしまうコーディネートは
好ましくありません。カジュアルで使われるアーガイルのような派手な
柄物はさけて、シンプルな無地をセレクトしましょう。特にネイビーや
グレーは落ち着いた印象を与えるのでおすすめ。よりスタイリッシュに
着こなしたいなら、ネクタイの色と合わせると、バランス良くまとめることが
出来ます。ただ毎回ネクタイの色に合わせるのは難しいので、最初に
購入するならば、スーツよりやや薄い色がおすすめです。

カーディガンの着こなし方

オフィスでは許されるのであれば、ぜひジャケットを脱いで仕事をしましょう。
カーディガンスタイルならば、仕事をテキパキこなすデキる男を演出できますし、
柔らかい印象も醸し出せます。男性には仕事が出来る男とみられ、女性には
優しい人と見られるので一石二鳥です。就業規則でジャケット着用と義務付け
られていないならば、カーディガンスタイルで仕事をすることをおすすめ致します。

カーディガンを着る時のマナー

ただしカーディガンスタイルにも許される場合と許されない場合があります。
カーディガンつまりウォームビズがビジネスマナーとして許されるのは得意先や
頻繁に合う会社の方のみ。それ以外の場合ウォームビズの了解が必要になります。

カーディガンを着てはいけないシチュエーション。

スーツの下にカーディガンを着るのは本来ビジネスマナーでは認められていません。
なぜならスーツの形を崩してしまうからです。そのため初めて訪れる営業先や目上の
人に合う場合は出来るだけカーディガンは着ないようにしましょう。どうしても寒い場合は
肌着や靴下で調整するか、ベストまたは、スリーピースのジレを着るようにしましょう。

※ジレとは
前面と背面で生地や質感などが違う袖無しの胴衣の事

Posted on 2014年09月19日 16:06

“実はあまり知られていない”ネクタイ選びの基準

そろそろネクタイを締めなくても良いクールビズも終わる時期。
そこで今回は、これからの季節のスーツスタイルで重要な役割を
持つネクタイについて説明致します。

ネクタイは重要な装飾品である

ネクタイは寒暖の調節もせず、肉体のガードもしません。
そう考えると現代のネクタイは衣服ではなく、装飾品のカテゴリーに入ると
いって間違いありません。実はそこが重要なポイントです。装飾品であれば、
いつどんな場合に締めるかが問われるからです。ビジネス、パーティー、葬儀、
結婚式それぞれのシーンにふさわしいネクタイは自ずと異なってきます。
しかし、不思議なことに欧米とは違って、日本ではそれがどんな色、またどんな柄で
あろうと、冠婚葬祭を除けば許されます。冠婚葬祭の黒と白以外は、どんな色柄の
ネクタイを締めようがすべて自由という風潮があります。

ではなぜ日本では冠婚葬祭以外は誰もネクタイについてうるさく言わないのでしょうか?
それは我々日本人がネクタイを「重要な装飾品」ではないと思いこんでいるためです。
欧米では昔からネクタイは「特定のグループに所属することを証明する装飾品」として
考えられてきました。しかし、日本にはそういった歴史はなく、近代になり突然、首周りを
整えるためにネクタイが出現しました。そのため日本では欧米と違い、ネクタイはいまだ
「単なる洋服小物」としてしか認識されていないのです。このように日本ではネクタイを
重要な装飾品だと考えて選んでいる人が少ないので、締める時の状況を考えて選ぶように
すれば、それだけで、その他大勢と差をつけることができます。

ネクタイ選びの縦軸と横軸

現在ショップに出回っているネクタイには、様々な素材や柄が氾濫しており、
その種類を正確に理解するためには、次のような基本的知識が必要です。

まず縦軸として、次の3種類があります。

①重量感のあるシルク素材を用い、柄はクラシックパターンの小紋を配したネクタイ

②素材にシルクやウールを用い、柄はクラシックパターンを現代風にアレンジしたネクタイ

③素材も柄も自由奔放な、主としてデザイナーたちの手によりデザインされたネクタイ

①のクラシックな小紋とは、水玉模様のように、ある小紋を対称的に、主として紺地に
配したパターンです。小紋とは大雑把に直径5ミリ未満のものを言います。飛び柄や
非対象柄はクラシックのカテゴリーには入りません。クラシックなスーツスタイルに
コーディネートすべきはこのネクタイ。ジャカード(紋織り)に代表される、織りを十分
効かせた厚手のタイです。しっかりと織られた厚手のタイは作りが優先されているため、
きわめて締めやすいものとなっています。締め安さは緩めやすさであり、使い勝手にも
通じます。

②の上質なシルクを使ったネクタイは渋く上品な光沢を放ちます。そこに落ち着いた
色合いの小さな柄がシンメトリーに配されます。複数の色が使われていますが、たいてい
の場合、地色に対して1色だけがポイントになり、他の色は遠目には地の色に溶け込んで
見えます。また、こちらも①と同様厚手の織りのため締めやすく、使い勝手が良いものと
なっています。

次に横軸としては次の2種類があります

①ジャカード織りに代表される厚手の織りタイ(縦軸①、②に当たるネクタイ)

②薄手のシルクまたは新素材に柄がプリントされたプリントタイ(縦軸③に当たるネクタイ)

シルク素材は数多く出回っていますが、厚手というだけではそのネクタイが
上質であるとは限りません。厚い芯地を用いていれば、見た目がぼってり厚く
見えるからです。また、芯地や素材が硬すぎると、締めにくくなります。安価な
薄手のシルク素材は首まわりがすぐに緩み、結び方によっては、首まわりが貧相に
見えます。シルクの質を判断する時はウェイトだけで判断してはいけません。
手のひらに丸めてのせた時、ぺらぺらせず、手からするするとこぼれ落ちていけば、
それは上質なシルク素材です。

シルエットもクラシックなスタイルのネクタイは、首まわりから大剣(結んだとき表側に
なる幅広の部分)にかけて自然なカーブを描いていきますが、新素材を使ったネクタイは
アスコットタイ(幅の広い蝉形のネクタイ)を真似てデザインされているため、結んだ際に
結び目のやや下から急に幅広になります。簡単に言えば、織りタイは使い勝手を優先し、
プリントタイは柄そのものを優先する傾向があると言えます。

Posted on 2014年08月20日 17:35

紳士のためのあなどれない靴選び

今回は、スーツスタイルの中でもあなどれない靴の選び方やケアの仕方について
説明したいと思います。

ダンディなスタイルを目指すならば、靴に対して最大限の敬意を払わなければいけません。
「その人が服に気を配っているかどうかを知るには、靴を見ればいい」というぐらい靴は
重要なアイテムです。ヨーロッパでは、人の足を保護し、大地を踏みしめる役割を担ってきたため、
昔から人体の一部と考えられ、魔術的な力を具えているとされてきました。

そのため、彼らにとって、靴を常に磨くこと、シューキーパーを入れて型を整え、
さらに湿気をとることは自分の体の手入れをしているようなものです。
磨いていない靴を履いている人は紳士ではありません。ただ、ピカピカに光った
靴は目立ち過ぎるためこれもあまり良いとは言えません。鋭く光った重厚な靴を
履いている人こそが紳士なのです。


オシャレな男たちが、靴をガラスのようにピカピカに光らせず、鈍く光らせる理由は、
自分同様の年輪を靴に与えようとしているからです。靴をスーツやシャツと決して
同列に並べてはなりません。良質な革靴は男が身じまいを正すための数ある
アイテムの中で、唯一入念な手入れが必要なもので、体の一部だからです。

できるだけ高価なものを選ぶ

クラシックな靴は、スーツと違ってトレンドがありません。イギリスでは社会人に
なると、スーツより先にクラシックで高価な靴を購入します。彼らは身だしなみを
整えるために、靴がいかに大切な役割を果たすかをよく知っているからです。
日本人はスーツにはお金を使っても靴にはお金をかけなかったりしますが、
実はもっともお金をかけるべきは靴なのです。なぜなら足はサイズが変化せず、
良質な革靴は古くなるほどに足になじみ、磨くほどに味が出るからです。

日本で簡単に入手できるクラシックな靴

現在日本で簡単に入手できるクラシックな靴は機械式のグッドイヤー・ウェルト式です。
機械式でも、クラシックに合う上品な靴は、いくらでも店頭に並んでいます。価格の目安は
最低6~7万。中でもイギリスとイタリアの製品はクオリティが高いです。

購入する時に注意すべきこと

グッドイヤー・ウェルト式の靴を購入する際は、多少きつめに感じるものを
選ぶようにしましょう。はじめはきつく感じても、上質な革であれば、革がそのうち
必ず足になじんできます。逆に大きめなものを足にフィットさせるのは不可能なので
絶対に避けましょう。

販売員が次々と異なるサイズの靴を持って来てくれる靴屋は信頼できる靴屋です。
高級既成靴には、一般的なサイズの他にワイズ(幅)があるため、一般的なサイズ
だけでなく縦(爪先から踵)と横(幅)のサイズで足にフィットするかを見てくれるから
です。片足だけでなく左右を足入れし、歩き回ることも大切です。靴は歩き回らなければ、
履き心地の良さは決してわかりません。

また、紐つきの靴の場合、できるだけ紐をきつく縛りましょう。イタリアの靴屋では、
客がサイズを確かめるために履いた紐靴を、甲が痛くなるまできつく締めつけます。
サイズの確認の意味もありますが、紐を締めつけなければ、本当の履き心地が
わからないためです。きつく締めつけた紐を、常に甲に感じるくらいが、正しい紐の
結び方です。

あと靴は、必ずアフターファイブに購入しましょう。なぜなら足がめいっぱい
膨張している時間帯だからです。イギリスの良心的な靴屋は、昼の時間帯に
行くと、夕方以降にもう一度履いてみる必要があると、必ずアドバイスしてくれます。

新しい靴を購入したときは、専用のシューキーパーも同時に購入しましょう。
そして履く前に一度必ず磨きこみ、靴に脂分を与えましょう。磨く時は甲の部分だけで
はなく、必ず底まで磨くこと。これが靴のケアの基本です。

Posted on 2014年07月23日 01:00

賢いクリーニング活用法

梅雨の時期に入り、湿気が多くスーツのケアが難しい時期。
雨の日に水に濡れた場合は早急な対応が必要です。
そこで今回は、自分でできるクリーニングから、
賢いクリーニング店の活用法までを紹介致します。

自分でできるクリーニング

シャツを洗濯する

クリーニング店に頻繁に出すと、プレスやノリで生地が傷みやすくなります。
長持ちさせたいなら、できるだけ自分で洗濯するように心がけましょう。
洗う時はそのまま洗濯機に放りこむのではなく、ボタンは全て留め、
裏返しにしてネットに入れましょう。汚れがつきやすい襟周りやカフスを外側にして
畳み、弱水流で洗う事がポイントです。このひと手間を加えることで、生地を極力傷めず、
汚れの落ち具合を格段に上げることができます。

シミ抜き

シミを落とすポイントは、とにかくすぐに対処することです。シミの種類は大きく水溶性、
油溶性、不溶性の3つに分かれます。種類に応じた適切な処置が必要となります。

水溶性のシミ

ジュース、コーヒー、醤油、アルコール類、紅茶、ワイン、インクなど

対処法 水を染み込ませて汚れをたたき出しましょう。それでも落ちない場合は
漂白剤を使用しましょう。

油溶性

口紅、ファンデーション、ボールペン、油、襟アカなど

対処法 洗濯洗剤または有機溶剤を使って汚れを取り除きましょう。
それでも落ちない場合は漂白剤を使用しましょう。

不溶性

泥、土、墨、鉄サビ、ガム、鉛筆

対処法 物理的方法で落としましょう。

基本的なシミの落とし方

①シミのついた側にタオルを敷き、裏側から洗浄液を浸した布地で
汚れを叩き出します。

②霧吹きでシミ部分に水を吹きかけ、洗浄液の輪ジミをぼかします。

クリーニングをプロにまかせる場合

ある程度までは自分でクリーニングできるとは言ってもあまりにひどい
汚れはプロに任せた方がよいもの。ここでは、良い店を見極めるコツや
クリーニング店との上手な付き合い方を紹介致します。

良いクリーニング店を見極めるコツは?

初めて行くクリーニング店には、まずはシャツを持っていきましょう。
仕上がりはノリをかけずにハンガー掛けでリクエストし、戻ってきたら袖をチェック
しましょう。プリーツが揃っているか、カフのロールには適度なボリュームがあるかが
チェックポイントです。おろそかになりがちな袖をいかに丁寧に仕上げているかで、
クリーニング店の技術を見極めることができます。

クリーニングに出す頻度

常にスーツをきれいな状態に保ちたいからといって、頻繁にクリーニングに出せば
いいものではありません。店では強力な洗剤を使うため、生地にダメージを与えて
しまうからです。一般的にシーズンに1,2回、シーズン後に1回出すぐらいが適当だと
言えます。

ドライクリーニングと水洗いクリーニングの違い

ドライクリーニングとは簡単に言うと水を使わないクリーニングのことで、
油系溶剤等の油性の揮発性有機溶剤を用います。油系の汚れを落とす
効果はありますが、汗などの水溶性の汚れを落とすのにはあまり効果がありません。

水洗いクリーニングとは主にランドリーとウェットクリーニングの2種類あります。
ランドリーとは木綿や麻など水に対する耐久性のある衣料品を、石けんや洗剤で
温水洗いするクリーニングです。

ウェットクリーニングはドライクリーニングでは落とせなかった水溶性の汚れを
中性洗剤を使って、型崩れや、収縮などをできるだけ避けて行う生地にやさしい
クリーニングです。そのため梅雨の湿気や夏の汗などの汚れを落とすには最適です。

ただし、施術後、形状の変化が全く起こらないわけではなく、服の繊維の種類や
形状により最適な方法が存在するので、クリーニングに出す時は事前にお店の人と
よく話しあった上で出すようにしましょう。

Posted on 2014年06月11日 17:06

スーツの保管、収納の仕方

暖かくなってきて、そろそろ衣替えの季節ですね。
そこで、今回はスーツを保管、収納する時に注意すべきポイントを紹介致します。

実はあまり知られていませんが、スーツを収納する時、ほんの一手間を加えるだけで、
スーツを長持ちさせることができます。収納する前にケアすることで虫食いやカビが
生えたりするトラブルを防ぐことができるのです。

シーズンオフなどの長期保存する場合は特にカビや虫が付くことに気をつける

見た目は特に変化がなくてもスーツは予想以上に汚れや汗を吸収しているものです。
特に黒やネイビーなどのスーツだとそれが目立ちませんので、「あまり汚れてないから
クリーニングに出さなくていいや」と思ってしまいがちです。
しかしクリーニングに出さずに収納するのは危険です。必ず、収納する時はクリーニングに
出し、カビや虫食いの原因を取り除くようにしましょう。

クリーニングに出す時の注意点
大切なスーツだからといって、頻繁にクリーニングに出せばいいというものではありません。
店では強力な洗剤やアイロンを使うため生地にダメージを与えてしまうからです。
長持ちさせるためには、1シーズンに一度か二度がベター。ただし、自分ではなかなか
落とせない汚れやシミは時間が経過するほど落ちにくくなるため、早めに持ち込むことが重要です。

スーツは必ず上下セットで出す
よく節約のために、汚れている方だけ出す人がいますが、スーツは必ず上下セットで出しましょう。
なぜならジャケットだけパンツだけの変色を防ぐためです。また上下セットで出した方が、
別々に出すよりも安いところが多いです。
クリーニングに出す際には必ずポケットに何も入ってないことを確認し、カフスボタンなどの装飾品は
外しましょう。また特殊な素材や加工がある場合はトラブルを防ぐために必ず事前に店側へ伝えましょう。

クリーニングに出した後の注意点
クリーニングに出しても、よくありがちなのが、クリーニング店のビニールに入ったまま保管してしまうこと。
ビニールを外さないと薬剤が残ったままでカビやニオイの原因になります。出して着てみたら薬剤の匂いが
プンプンするのは嫌ですよね。そのためクリーニングから戻ってきたら必ずビニールを外して、できるだけ
数時間干してから、防虫カバーをかけて収納すると良いでしょう。

定期的に虫干しをしよう
シーズンオフだからといって、スーツをしまいっぱなしにしておくのはよくありません。
定期的に虫干しをすることで、湿気を取り除くことができ、スーツを長持ちさせることができます。
虫干しをする時はできるだけ湿気の少ない日を選び、直射日光の当たらない風通しの良い場所に
吊るしておきましょう。

いよいよクールビズの季節

信頼感と自信を感じさせる

「クールビズスタイル」のポイント


「クールビズ」が推奨されるようになってからというもの、巷で目立つのは「ただ単にネクタイを外しただけ」の姿。
本人はラフでカッコ良く見えていると思っているのかもしれませんが、正直言って、
いつもあるはずのものがないスタイルはなんとも間が抜けた印象を受けるものです。
ここでは、ラフで涼しげなだけでなく、信頼感を与えるクールビズスタイルのポイントを紹介致します。

ポイントその1
実は正統派スーツをノーネクタイで格好よく見せるのはスタイリストでも至難の業。
だからネクタイを外したら、ポケットチーフを挿して彩りを加えましょう。
派手なチーフでなく、白無地のチーフでもOK。さらにVゾーンをだらしなく見せないためには、
基本ワードローブのシャツよりも少々主張の強いストライプ柄のシャツを選びましょう。

ポイントその2
会社によっては夏でもノーネクタイNGのオフィスも多いものです。ただネクタイを外すことが
クールビズではありません。ネクタイを外さなくても、周囲に「涼しげな印象」を与えることができれば、
それもひとつのクールビズスタイルです。Vゾーンやチーフに白やサックスブルーといった寒色を
使用すれば、ネクタイをしていても爽やかな印象を与えることができます。
一番簡単な方法は地色が白系のネクタイを選ぶことです。

Posted on 2014年05月16日 13:59