お役立ちコラム
オーダースーツ専門店ナガサカ

tel.045- 253- 6789045- 253- 6789
【営業時間】11:00-19:00【駐車場】あり(近隣駐車場)
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
お役立ちコラム
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
< 9 10 11 12 13 >

人気生地メーカー豆知識 「ゼニア」

スーツ生地のブランドとして不動の人気を誇る、ゼニア。
当店はその正規取扱店に認証されております。
ゼニアが日本のみならず世界中で支持を受ける、その理由はいったいどんなところにあるのでしょう。
今回はその魅力の秘密について詳しくご紹介致します。

■北イタリアで生地メーカーとして誕生

ブランドの名前は創業者であるエルメネジルド・ゼニアに由来します。彼は1910年、
北イタリアのトリヴェロという町で毛織物工業を始めました。
その品質は高く評価されてしだいに知名度を高め、現在、プレタポルテ(高級既製服)市場の
およそ3割をゼニアが製造し、世界中の一流ブランドに生地を提供しています。
提供先はエルメス、アルマーニ、グッチ、ベルサーチ、ダンヒル、ラルフ・ローレンなど、
誰もが一度は聞いたことがある有名どころばかりです。

■ゼニアの生地の魅力とは

ゼニアは創業以来、「自社工場で生産される生地は世界で最も美しいものでなければならない」
との哲学を大切に守り続けているメーカーです。
その生地の魅力は第一に柔らかさと動きやすさ、そして滑らかなドレープでしょう。
このような高品質の生地が可能となる理由は素材と生産への徹底したこだわりに他なりません。
最良質の原毛(原料となる羊毛)を確保するため、オーストラリアや内モンゴルを始め
全世界の生産者に教育を施して品質の向上に努めつつ、
原毛の直接買い付けから紡績(糸への加工)、染色、生地の織り上げまでの全ての工程を
自社内で一元管理のもと行っています。

■地元の水が大いなる助けに

ゼニアのある北イタリア・トリヴェロは、ゼニア以外にも数多くの繊維や布の工場が集まるエリアです。
その理由のひとつが、ここで豊富に得られるアルプスの良質な湧き水。
ミネラル成分の少ない超軟水が原毛の持つ柔らかな風合いを引き出し、
また耐久性を高める上でとても大きな役割を果たしているのです。
質の高い原毛と水、このふたつが組み合わさって初めてゼニアが理想とする
「世界で最も美しい生地」が可能になるのです。

■今も成長を続けるゼニア

1960年代に入るとゼニアの経営は創業者・エルメネジルドの息子である
アンジェロとアルドに引き継がれました。1968年にふたりはイタリアの
ノヴェーラという町に新工場を作り、スーツだけでなく、コートやジャケット、
シャツやパンツの生産を開始しました。1972年にはパターンオーダー
(既製服でありながら数多くのパターンを用意、顧客の体型、サイズ、嗜好、
デザインに合わせ注文服的な衣服を作るもの)の事業も始め、その販路を
世界中に拡大。そしてヨーロッパ・ファッションの中心地、ミラノやパリに
単独ショップをオープンさせました。その後も順調に発展を続け、財布、ベルト、
シューズ、ネクタイなどの製品も手がけるように。
驚くべきは、これだけ取扱いアイテムが多様化した今も、原料確保から製品化まで
を自社で一貫して行う姿勢を貫いていること。
さらに、夏でも涼しく着られる生地「クールエフェクト」や
しわに強い生地「トラベラー」などの機能性の高い生地の生産で、
現代の多様なニーズに応えることも忘れていません。

■日本には第二次大戦後に登場

昭和52(1977)年、ゼニア生地の輸入卸と販売を行うゼニア・ジャパンが
日本国内に設立され、ゼニアが日本のスーツ界に登場しました。
ただし当時、日本の輸入スーツの主流はイギリス製。
その流れが大きく変わったのが昭和62(1987)年です。
イタリアの代表的な有名ブランド「アルマーニ」が登場し、「メイド・イン・イタリー」
スーツが一躍人気を博したのです。
アルマーニが流行させたスーツの特徴はゆったりとしたものでしたが、
ゼニアのスーツは細身でウエストラインを絞ったもの。
そのためゼニアの評価は当初、あまり芳しいものではありませんでした。
その流れが変わったのは、男性ファッション誌でメインの特集に取り上げられ
注目を集めてからです。1990年代後半に入ると男性ファッションに一層のスリム化が
見られるようになると、それとともに、ゼニアのスーツは評価を一段と上昇させました。
国内の著名人がこぞって着用したことでさらにその人気は高まり、今の地位を築くに至っています。

「良いものには確かな理由がある」その最良の証明のひとつであるゼニア。
スーツのオーメイドの際には、ぜひ同社の生地を検討されてみてはいかがでしょうか。

<お知らせ>
弊社サイトをリニューアル致しました。引き続き、宜しくお願い致します。

Posted on 2015年02月18日 18:07

人気生地メーカー豆知識 「ハリス・ツイード」

世界各地には様々なスーツ生地のブランドがあります。
スーツを購入される際に自分が選ぶブランドについてある程度の知識をもっていると、
スーツという装いをより愉しむことが出来るのではないでしょうか。
そこで、今回は人気の高いブランド「ハリス・ツイード」についてご紹介致します。
その特性から、まだ寒い今の季節にこそおすすめしたいブランドのひとつです。

そもそも「ツイード」とは
ツイードはスコットランド産の羊毛で比較的毛の短いものなどで糸を作り、
染色した後に織り上げて作られる布地です。その魅力はざっくりとした風合いと素朴な味わい。
イギリスの伝統スタイルに則ったスーツ、コート、ジェケットなどのカントリースタイルの服に
使用されることが多くなっています。

ツイードの最高峰「ハリス・ツイード」
そんなツイードの中で最も上質とされ、高級品とされるのがハリス・ツイードです。
これはスコットランドの北部にあるアウター・へブリディーズ諸島産の羊毛を
同諸島の職人が手織りした稀少なもの。
その名前は諸島最大のルイス島南部を示す「ハリス島」に由来し、
100年以上の歴史を誇る伝統の生地です。

漁の作業着の生地として誕生
18世紀頃、アウター・へブリディーズ諸島に暮らす女性たちの生業は地元産の羊毛を糸にする
ことでした。一方、男性たちの本業は漁業でしたが、時化で海に出られない時の副業として
その糸を織り漁の際の作業着を作っていたのです。その生地は、厳しい風や潮から身を守るための
しっかりとしたものでしたが、これがハリス・ツイードの起源です。
1846年、その品質と技術に魅せられたハリス島の領主ダンモア伯爵の夫人が製造工程の改良に
着手します。同時に彼女はそれをイギリスの貴族社会に広めることに努めました。
その丈夫で防寒にも有効なの機能的な生地は、ハンティングやフィッシングを嗜む特権階級に受け入れられ、
しだいに洗練を遂げるとともにイギリスの重要なファッションアイテムに組み込まれていきました。

協会認定のものだけが「ハリス・ツイード」に
ハリス・ツイードの需要が高まっていくと、しだいに偽物が出回るようになりました。
そこで、その地位を守るべく1909年に設立された組織が「英国ハリスツイード協会」です。
これにより地元の職人たちが新毛を手で紡いだ糸を人力の織機で織り、協会が品質を認めたものだけが
「ハリス・ツイード」ブランドを名乗れるようになりました。
宝珠に十字を抱いた紋章が描いたタグが本物であることの証。
宝珠は英国王室から使用の許可を得たもので、これにハリスツイード普及の立役者、
ダンモア伯爵家の家紋であるマルチーズ・クロスが組み合わせられています。

色柄も多彩な「ハリス・ツイード」
スーツやジャケットに使われるハリス・ツイードはシックな色合いの生地が一般的ですが、
それ以外にもオリジナルのパターンが数千以上もあると言われています。
色の組合わせが絶妙なチェック柄やカラフルな色のものも多数あって、これらすべてが、
産地であるアウター・へブリーズ諸島の自然から生まれたもの。
島に咲く花、岩や苔、草木や土、海や空の色すべてデザインのもとになっており、
この島ならではのものという価値を高めています。

日本では大正時代から
日本人とハリス・ツイードとの関わりはなんと大正時代にまでさかのぼります。
『暗夜行路』などの小説で知られる作家の志賀直哉や民芸運動で知られた柳宗悦などの文化人たちが
騎士道に基づくイギリス貴族ライフスタイルに共感し、日本橋にあった商社「丸善」にツイード生地
の輸入を働きかけたことが始まりでした。
今から100年ほど前にも現在と変わらずツイードを愛する日本人がいたとは驚きですね。

Posted on 2015年01月20日 23:06

スーツが引き立つ、新年の挨拶のマナー

お正月は相手の実家や親せき、会社の上司や同僚などから招待を受け、それぞれの家に挨拶のために訪れる機会が少なくありません。全てが格式ばったものではないかもしれませんが、やはり年が改まって最初の対面です。ルールをわきまえて気持ち良く、新年をスタートさせたいものですね。訪問先が目上の人の当たる場合は特に礼儀に気を付けたいもの。そんな場合に男性はスーツを着る場合が多いでしょうが、失礼があっては、せっかくのスーツが台無しです。今回はスーツが似合う大人の男性にふさわしい、新年の挨拶のマナーについてご紹介致します。

■「あけましてあめでとうございます」の意味
そもそも私達が新年の挨拶を交わすのはなぜでしょうか。それ理解するにはまず、お正月という行事そのものの本来の意味をきちんと押さえておく必要があります。正月はそれぞれの家に歳神様を迎える時です。歳神様とは新年の健康と繁栄を私達に約束してくれる神様ですが、その到来を祝福しあう言葉こそが「あけましておめでとう」の挨拶です。さらに「また1年お世話になります」との意味も込めこの挨拶を互いに交わします。

■挨拶に最適な時期とは
地域によっても差がありますが、一般に元旦に挨拶に出向くのはタブーとされています。元旦はその家の家族だけが集まりゆっくりと水入らずで過ごす一日なのです。とはいえ、訪問が遅くなりすぎてもいけません。もし相手が親族であるなら3が日から5日くらいまでの間で、それ以外の会社の人やお世話になっている人であれば松の内と呼ばれている15日までには挨拶を済ませるのがマナーです。また相手が喪中の場合は新年の挨拶ではなく、寒中見舞いとして松の内以降に挨拶をするようにしましょう。

■訪問前に事前の連絡、服装はフォーマルが原則
事前に電話で訪問の連絡は入れておきましょう。到着時間についても前日までにさり気なく伝えておくと、きっと相手も準備しやすいはずです。遠方からの訪問なら、さらに近くに来た時点で一報を入れると待つ側は安心することでしょう。具体的な時間帯は相手方も落ち着いたお昼過ぎがベスト。
服装は男性ならばスーツ、女性はワンピースなどのフォーマルな洋服や和服などがよいでしょう。とはいえ、親しい間柄であればそこまでの装いが必要ない場合もあります。

■訪問先での振る舞い方
相手の元に到着したらコートは玄関に入る前に脱いでおきましょう。玄関先での長い挨拶はできるだけ避け、招き入れられてから室内に上がります。「失礼します」「お邪魔致します」などと一声挨拶をするのをお忘れなく。ここで注意したいのは玄関で手みやげをお渡しすること。これはNGです。
そして部屋に通されたら、新年の挨拶を改めて行います。それを済ませたら、持参の手みやげをこのタイミングで渡します。紙袋や風呂敷は外し中身だけを相手に向きを整えて渡しましょう。その際「つまらないものですけど」「ご挨拶程度ですが」などと言葉を添えるのはあまりに形式的。なぜその品物を選んだのか、押しつけがましくない程度にしっかり述べた方が真心も伝わりやすいはずです。
もし挨拶だけを目的に訪問したのであれば、仮に室内に招き入れられた場合でも長居は避けましょう。

■手土産のいろは
手土産には熨斗を付けている場合も少なくないことでしょう。この熨斗は縁起物のあわびを薄く延ばして(のして)乾燥させたものを用いるのが本来の形でした。「贈り物に生ものを添える」という神仏への供え物が起源であるため、干物やお肉などの生ものを贈る時に熨斗は不用です。
また手土産のチョイスには事前のリサーチが欠かせません。相手の好み、持病やアレルギーを調べておく、もし自分達以外にも来客がある場合はその人数なども調べ数量に不備が無いようにしたいものですね。
また相手方に子供がいる場合はその人数分のお年玉を用意しておきましょう。上司のお子さんに現金は失礼に当たるようなので、代わりに図書カードを渡すなどの工夫が必要です。
逆に相手からの誘いが無い限り、子供を連れていくのは相手側がお年玉などに気を遣うので親族の家以外には同行しない方が好ましいでしょう。

Posted on 2014年12月19日 17:50

ビギナーのための成人式オーダースーツ

現在は全国で行われている成人式は、昭和21年(1946)に埼玉県の蕨市で開かれた「成年式」が始まりです。
「第二次大戦後の日本を立て直す先駆者としての自覚を持ち行動すべし」と若者を励まし、その前途を
祝う行事でした。その趣旨は高く評価され、2年後の昭和23年(1948)に国民の祝日としての成人の日が
制定されます。「大人の自覚を持ち、自ら生き抜こうとする若者を祝い励ます」ことがその意義です。
高校まではフォーマルな場で学校の制服を着る事が多い日本人男性が、人生で初めてスーツを買うのは
この成人式かもしれません。
今回はそんなスーツビギナー向けにとっておきの一着を手に入れるためのポイントをご紹介します。

■まずはスーツの種類を知りましょう
1ビジネススーツとカジュアルスーツがある
ビジネススーツは文字通り、仕事用のトラディショナルなスタイルのスーツで、これに対しカジュアルスーツは
パーティーなどでの着用に向いたドレッシーなもの。成人式というお祝いの場に着ていくスーツはカジュアルな
ものがよいようにも思えますが、その後、入学式や入社式、葬儀などでも着ることを想定するなら、ビジネス
スーツを選んだ方がよいでしょう。

2ジャケットのボタンの数は? シングルかダブルか?
スーツのボタンの数は1つから4つまでを選べますが、その数が多くなるほどビジネス向けのかっちりとした
印象に。またシングルはボタンが縦に一列に並んだものを、ダブルは二列のものを指しますが、後者はどちらか
いうと40歳以上のゆったり体形の男性が着るケースが多いでしょう。

■サイズにこだわりましょう
スーツを選ぶ上での最も重要なポイントとなるのが、その大きさです。特にジャケットが大きすぎるのは
絶対にNG。必ずジャストサイズのものを選ぶようにして下さい。ジャケットをきれいに見せる秘訣はシルエット
(見た目の線や形)にあります。体型にフィットしていることが最もバランスよく美しく見えることを忘れてはいけません。

■色と柄をどうするか
これらは個人の好みとなるため一概にはいえませんが、自分に似合う色は、肌や髪の毛、目の色などと
マッチしたもの。そのような色を専門用語では「パーソナルカラー」といいますが、これを事前に調べて
おくと色のチョイスを誤まるリスクは減るはずです。成人式後に入学式や入社式、葬儀などでも着たいなら、
色はダークネイビーかダークグレー、黒、模様は無地か、間隔が狭い薄い色のストライプを選ぶと間違いないでしょう。

■どのように着こなすか
まず袖丈について、これはよく言われることですが、ジャケットの袖からシャツがおよそ1~2cm分出るような
サイズがベストだといわれます。続いてパンツ丈はあまり長くしない方が若者らしくスッキリとした印象になるでしょう。
また裾の形については折り返しのないシングルと折り返しのあるダブルがありますが、こちらは好みで選べばよいでしょう。

さて、いかがでしたでしょうか。
「ひとつひとつ覚えていられないよ」という方には、オーダーメイドがおすすめ。
一流の知識と技術、最新のトレンドを抑えたアドバイザーがあなたに代わり、とっておきの一着を仕上げてくれるはずです。
オーダーメイドの場合、成人式の直前には注文が急増しますし、スーツの完成には平均してひと月程度の時間がかかります。
今から準備を始めても早すぎるということはありません。

Posted on 2014年11月18日 17:15

スーツに合わせるコートの選び方

肌寒い季節も増えてきましたね。
来月にはもうコートを着なくてはいけなくなるぐらい寒くなります。
そこで今回はビジネスコートの選び方を紹介致します。
これからコートを買おうと思っている方はぜひ参考にしてください。
ビジネスコートといっても実は様々な種類があり、何も知識もないと
どんなコートを選べば良いのか分からないものですよね。
そこで自分のスタイルに合ったコートを見つけるためにビジネスコートの
種類と特徴を紹介します。

①トレンチコート

もともとイギリス陸軍が着ていたデザインがルーツとされ、戦場で風雨を
しのぎ身を隠すために使用されていたコート。肩章などのデザインに
その名残が見られます。ロング丈が定番ですが、最近の傾向としては
ショート丈が主流。ショートの場合、軽い印象を与えつつ上半身に視線が
来るため、合わせるアイテム次第でスタイリングの幅が広がります。
右肩から胸にある布はストームフラップといいます。ただの装飾ではなく、
雨や風を防ぐために付けられています。また、襟を締めるためにあるのが、
チンフラップ。きっちりと留めればこちらも雨や風を完全にシャットアウト
することが出来ます。

色については、基本的に黒とベージュの2種類があり、黒は色合いが
全体を引き締めてくれるため、かっちりしたビジネスマンを演出出来ます。
ベージュは黒よりもややカジュアルな印象を与えますが、オシャレに着
こなすことが出来ます。どんな色のスーツにも合い、着まわし幅が広い
アイテムだといえます。

着こなす時の注意点は、シャツはコートとトーンを合わせるとオシャレに
見えます。ダーク系のスーツがメインのワードローブが一般的に多いので、
そこでコントラストをつけるベージュのトレンチコートをセレクトするのが
正解だと言えます。また、ベージュはビジネスシーンだけでなく、デニムや
ニットなど私服にも合わせることが出来るので非常に使い勝手が
良いです。そのため購入するならば、黒よりベージュをおすすめします。




②セミチェスターフィールドコート

格式高いデザインが特徴のコートです。素材はカシミヤや上質なウール。
色は黒やチャコールグレー、濃紺が正式とされています。19世紀のイギリスが
発祥とされ、フォーマルな場で重用されますが、色柄によってはビジネス、
カジュアル両方のシーンで幅広く活用されています。短めの丈を選べば、
ジャケット感覚でも活用出来て、軽く機能的な印象を与えることが出来ます。

選ぶ時のポイントは、裾丈が短くならないように気をつけると良いでしょう。
指のつけ根ぐらいまであっても大丈夫です。このコートは長めの合わせが
基本です。

また、スタイリングする時のポイントですが、他のコートでは、覆い隠されて
しまうVゾーンの演出が可能です。マフラーとの相性も良いのでぜひトライ
してみて下さい。




③キルティングジャケット
表情豊かな立体感あるキルティングのジャケットは、カジュアルな印象が
強くビジネスシーンにそぐわないと思う人も多いかと思いますが、最近の
ウォームビズなどのゆるやかなビジネスシーンに対応します。防寒や動き
やすさなどの機能性やスタイリッシュさが共存するキルティングジャケットは
今は定番ともいえるほど人気を博しています。長く着ることを考えるとクラシカルな
デザインをセレクトするのがベター。色は、黒、茶、ネイビーといった濃い色が
スーツに合わせやすいでしょう。

選ぶ時のポイントは、もともとキルティングとは2枚の布の間に綿や羽毛をはさみ、
ステッチをかけたもの。そのため素材によって厚みが随分と変わるので必ず素材の
確認するようにしましょう。ビジネスの場で着るのならば薄めのものの方がスーツに
合わせやすいです。

また、フードがついているものも多くありますが、取り外しが可能のものの方が、
着こなしの幅が広がるためおすすめです。




④ダウンコート


防寒にもってこいの機能性を兼ね備えているのがダウンコート。「軽いのに暖かい」
真冬に必須のアイテムです。キルティングが施してあるので、型崩れも防ぐことが出来ます。
カジュアルすぎないかと心配な人は、生地が薄くボリュームが少ないものを選ぶと上品な
印象を与えることが出来るので、スーツにも合わせやすいでしょう。

選ぶ時のポイントですが、フードは必ず着脱可能なものをセレクトしましょう。
フードは2月などの厳寒期にも対応できるアイテムですし、フェミニンな印象も与えることが
出来ます。さらに取ることでウォームビズなどのゆるやかなビジネスシーンにも対応可能です。



いかがだったでしょうか?今回は様々な種類のあるコートの中で主な4種類のコートを紹介致しました。
ぜひ自分のスタイルに合うコートをセレクトしてください。

Posted on 2014年10月20日 01:00