NAGASAKA

横浜のオーダースーツ専門店 「ナガサカ」

BRAND

BESPOKE -CLASSIC COATINGS-

PIACENZA(ピアツェンツア)とCesare Gatti(チェザーレガッティ)のコート生地がコレクションされた一冊。

PIACENZA(ピアツェンツア)
Piacenzaピアチェンツァはイタリア生地産地のメッカ、ビエラ地区で最も長い歴史を誇るミルの一つです。創業は何と1733年。1623年には既に毛織物商を営んでいた記録が残っていますが、その100年程後に自分達で毛織物を織り始め今に至ります。脈々と家族経営を続け、現在は13代目のカルロ・ピアチェンツァ氏が同社を率いています。そのカルロ氏はビエラ工業会の会長でもあります。まさしくビエラ、そしてイタリア毛織物業を代表する企業です。そして少なくとも200年以上の歴史を持つ、且つ家族経営企業(創業者の子孫が現在の経営者)のみが加盟できる国際協会the Henokiens エノキアン・クラブの会員でもあります。余談ですが、エノキアン・クラブ加盟企業は世界でわずか47社、その内で日本からは和菓子の虎屋さんや大好きな赤福さんなど9社が名を連ねています。

Cesare Gatti(チェザーレガッティ)
1948年「Manifuttura Lane C.Gatti.&C」として創業した由緒正しい毛織物メーカーであるチェザレ ガッティは、イタリア北部のビエラ郊外に位置し、カシミヤメーカーの中では前衛的な商品開発を行っています。彼らが産みだす素材は、その雰囲気や色目のイタリアらしさが特徴的で、美しい冬の定番であるカシミヤコート地は、暖かさと華やかさを兼ね備えた満足度の高い商材です。
現在では紡毛糸やカシミヤ織物の生産以外にも、ストールやマフラー等のネックアイテムのOEM生産も活発に行っており、特にイタリアの世界的著名ブランドのカシミヤストール指定工場の一つである他、ヨーロッパの高級メゾンの別注反の生産なども数多く行っています。
ガッティ社の強みはカシミヤメーカーとして素材本来の優雅さを超越する技術を持ち、他社とのコラボレーションから得る新たなインスピレーションとアヴァンギャルドさを加味しながら改めてガッティとしての物づくりで完成度を高められる、イタリアの職人技を自社で継承している所にあります。

¥(税込 ¥0)~

お問い合わせ ネット予約 出張採寸

045-253-6789

会社概要 プライバシーポリシー